このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの業者「オアシス」の特徴

e857d05ba5b76f9c230db7b71b3bb1b9_s

ウォーターサーバーに最近、多くの業者が導入しつつあるのが、無菌エアシステムです。
これは衛生面の維持に特に役立つもので、サーバー内の水の安全性を保持する仕組みが採られているのです。
具体的には、水をどんどん消費していくと、残りの水が少なくなるにつれて、空気が中に入ってしまいます。
ただ、残った水に空気が触れると、水に体の品質に影響が出てしまうので、できることならば避けたいというのが本音です。
そこで採用されたのが無菌エアシステムで、それを導入したのが「オアシス」というウォーターサーバーの会社になります。
無菌エアシステムを導入している会社は他にもありますが、数としてはそんなに多くありません。
したがって、より安全で衛生的に望ましい水を利用できる数少ない会社になります。

そういった点がまずオアシスの特徴になりますが、オアシスの魅力として挙げなければいけないのは、やはり選択肢の広さで、これはサーバーとお水の両方に当てはまることです。
お水に関しては、山梨、静岡、日田、京都の名水と謳われている地点、4箇所から汲み上げられており、
サーバーに関しては機能やデザインの異なる、床置タイプ、卓上タイプを含めた6種類16色から選ぶことが出来ます。

お水に関して言うと、採水地が違いますから、お水自体に含まれているミネラル成分や味そのものが違います。
お水自体、選択の余地がない、1種類しか提供していない会社もある中、
4種類から選べるというのは、本当に大きいのではないでしょうか?

サーバーに関しては、それぞれ特徴が違ったサーバーが6種類ありますが、中でも多くの方に知ってほしいものとしては、
ワンタッチらく楽サーバーとらく楽スタイルウォーターサーバーSmartの2つがあります。
前者は想像しやすいかと思われますが、水の交換時が非常に楽で、片手で水のボトルが交換できるという画期的なサーバーです。
ボトルの交換を行う箇所が足元に用意されているために、重いボトルを持ち上げる大変さを味あわなくて済むという点はお馴染みなのですが、片手のみで楽にボトルが交換できるという点は、他の会社のサーバーでもなかなか存在しなかった要素になるのではないでしょうか?
そして、らく楽ウォーターサーバーSmartの方は、まさに画期的で水の入ったボトルを荷台のような、バスケットに乗せて、それを転がしながらそのままサーバーの中に設置できるという優れものになります。
持ち上げる必要もなければ、バスケットに入れて転がしていけば、そのまま中に入るわけですから、まさにらく楽となりますよね。
そして、16種類の中には省エネ機能を備えたサーバーもありますから、特に電気料金が気になる方は、丸型サーバーを選ぶと、この機能がついたものを利用できるので、電気代が約25%節約できます。
丸型サーバーには、床置タイプと卓上タイプがそれぞれあるので、家のインテリアに合うようにお好みの方を選ぶことが出来ます。

関連記事