このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

放射能に関して心配が少ないウォーターサーバー業者の選び方

88fd45230af475a481d732df88aada55_s

ウォーターサーバーの利用時に気になるのは放射能の影響ではないでしょうか?
東日本大震災以降、日本人はそれまでとは比べ物にならないほど放射能への関心が高まり、
食品や飲料水などについては、その点に特にこだわって選んでいる方が多いのですね。

実際、ウォーターサーバーに関しても放射能の影響は懸念されているわけです。
それは水を汲んでくる地域によっては放射能の影響があるのではないか?とされているからです。
どこで採水してきても、きちんと検査をしていれば、心配することはないのですが、どうしても心配という方は、
採水地にこだわってみると、多少不安が和らぐのではないでしょうか?

検査をきちんとしているといっても、その瞬間は利用者には見えないので、どうしても疑ってしまう気持ちはあるかもしれません。
そうなると、採水地が放射能の影響を受けないようなところであれば、ある程度安心感は増すのではないでしょうか?
それはどこか?というと、1つ目安になるのは関西で採れた水ということになります。

ウォーターサーバーの水が採れる地域として有名なのは、やはり山梨県です。
富士山の天然水を売りにしている業者が多いので、この地域はよく利用されています。
山梨県は客観的に見れば、十分安心できる地域ではないか?と思うのですが、それでもまだ心配という方は思い切って関西がオススメです。

関西でよく利用されているのは京都府や大分県で採れる水で、多くの業者が利用しています。
富士山の天然水があまりにも有名なので、関西の水を使っている業者なんてあるの?と思うかもしれません、結構ありますよ。
むしろ、多くの業者が富士山の天然水を配達している現状を見て、差別化するために別の地域の魅力的な水を探し、
その結果、京都府や大分県などの地域から水を汲んでくる業者も最近増えつつあるのです。

また、海外から水を汲んでくる業者もありますから、選択肢は非常に多いです。
もちろん、どこでとれる水か?によって全然味も違うわけですから、採水地は安全面だけではなく、
お水そのものの味を楽しめるか?どうかというポイントについても非常に重要な意味を持ってきます。
だからこそ、安全面と同時に美味しさでも慎重に採水地を選んでほしいと思うのですが、
先ほど挙げたような京都府や大分県もそうですけど、ここから採れる水も好評は好評です。

メジャーな地域から採れた水以外は美味しくないわけではないので、好みは人それぞれですからね。
確かに、富士山から採れた水が1番美味しいと感じる人もいるとは思いますが、そうじゃない人もいます。
少なくとも放射能の影響でいえば、山梨県よりもさらに西の地方の方が少ないというのはあると思いますから、
採水地を徹底すれば、放射能の影響による安全性の担保はなされやすいということになります。
したがって、放射能による影響を懸念してしまう方は、ある程度採水地を限定して、ウォーターサーバーの業者を選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事