このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの水を常温で使うのは基本的に望ましくない

dfbbb4630e3539f668d33f0c1e17d7c5_s

ウォーターサーバーは、基本的に冷水や熱湯を使うためのものであるため、その中間である常温の水はあまり適さないというか、そもそも使うことを想定しない場合が多いのです。
そうなると、当然サーバーの構造上の問題もあり、常温を使うこと自体があまり推奨されていないのです。

それは常温の水を利用するということは、サーバーの電源を入れないで使うということになるのですが、そうなると、衛生面に関するサーバーの機能が働かないため、水にも影響を及ぼしてしまうのです。
つまり、電源を入れた状態でないと、適切な衛生面の確保にならないため、基本的に冷水または熱湯で使うのが基本になるのです。

ただ、水は常温というか、適温で使いたいときがどうしてもあると思います。
冷水や熱湯では適さない場合というのがあるので、ウォーターサーバーの契約者でも常温を使いたいと考えている方は意外と多いのです。
しかし、ウォーターサーバーから注がれる水で常温にしてしまうと、衛生面の問題がどうしても起きてしまうのです。
したがって、常温にするのは僅かな時間であれば問題ないかもしれませんが、頻繁に使っていると、それは水にとってはよくないですから、常温の水をどうしても使いたい場合には、水道水を使ったり、ミネラルウォーターを別途買ってきて、それを常温にするという方法が良いでしょう。
もしくはサーバーにセットする前のボトルの状態の水を直接利用するという方法があります。

でも、それはどうしても面倒という方もいるかもしれませんよね。
そこでオススメしたいのは常温でも十分使えるウォーターサーバーの会社を選ぶということです。
あまりないのですが、一応常温を使っても構わないとしているウォーターサーバーの業者は存在します。
例えば、「クリスタルクリアウォーターズ」で、扱っているナチュラルセラミックサーバーを利用すると、常温が利用できるというか、常温しか利用できないので、サーバーから直接常温を飲みたい、または使いたい方にはもってこいです。
しかも、このサーバーはかなりコンパクトなタイプなので、置き場所にも困りづらいです。
しかし、使いやすくするには、何かしら台を購入したほうが良いかもしれませんね。

木の台であれば、一緒についてくるようですから、それで問題がなければそちらを利用するというのもありでしょう。
ただ、こちらはレンタルではなく、購入するという形になると思われますから、やや費用は嵩んでしまいます。
台と一緒に購入すると8000円程度かかるので、多少高く感じるかもしれませんが、レンタルであっても、毎月レンタル料がかかる業者も多いので、そういう意味ではあまり変わらないか?
長く使っていけば、こちらの方が割安に感じることもあるのではないでしょうか?

セカンドサーバーとして、常温のみをどうしても使いたい人も多く利用していると思われます。
冷水や熱湯以外の常温の水がどうしてもサーバーから汲む形で使いたい場合に、知っておいて欲しい業者ですね。

関連記事