このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの水はペットに与えても大丈夫なのか?

df2440de4e4a4d42523f6a6739fd6adc_s

ウォーターサーバーを使うのは、実は人間だけではありません。
例えば、自宅で飼っているペットにもウォーターサーバーの水が使える場合があります。
水道水を使っても問題はないのですが、どうしても水道水は気になるとか、安全面が心配とか、そういった不安をお持ちであれば、ウォーターサーバーの水を使ってみることは間違いではありません。

ただ、水道水自体も安全面でそこまで心配というわけではないのです。
実際、多くの家庭ではペットに水道水を与えていますが、問題になったケースというのはほとんど聞かないでしょう。
だから、安全性が極度に劣るわけではないので、水道水を使っても基本的に問題はありません。
むしろミネラルウォーターよりも水道水の方がマシという場合もあるくらいだからです。

それはミネラルウォーターの中でも、硬水を使ったものは動物に合わない可能性があります
日本人も多くは硬水に合いませんから、身体を壊す可能性が出てきてしまうのです。
人間にも合わない可能性のあるものですので、硬水の水はペットにも使わない方が良いとされています。

したがって、水道水の方がミネラルウォーターよりも安全な場合があるということです。
同じことはウォーターサーバーの水にも言えて、ウォーターサーバーの水をペットにも使いたいというときには、同じく硬水を扱っているウォーターサーバーの水は使えないので、事前に業者選びで気をつけないといけません
ウォーターサーバーの水の方が、水道水よりも絶対に安全と勘違いをしていると、ペットが可哀想ですから、飼い主としても正しい知識を持って、水を与えていかないといけないのです。
国内のウォーターサーバーの会社では、硬水を扱っているところはほとんどないと思われます。
だから、ペットにも飲ませたいと思っている場合には、一応事前にそこは調べて欲しいとは思いますが、正しい水を与えてあげれば、ペットも喜んで飲んでくれると思いますし、心配もいりません。

ちなみに、魚の水槽に入れる水としてウォーターサーバーの水を入れてしまうケースがあるかもしれませんが、それは基本的にやってはいけない行為として覚えておかないといけません
これはウォーターサーバーの水が魚にとってよくないというよりは、ずっと慣れてきた水の種類が変わることが問題なのです。
魚はペットショップで売られていたものは特にそうですが、生まれたときからペットショップの水道水の中で生活してきました。
そして、長くその状態が続いてきた後で、いきなり水の種類を変えてしまうと、環境に変化についていけなくなります。
魚は予想以上に水の変化など、環境の変化に敏感で生命の危機すらあるとされています。
水道水よりもウォーターサーバーの水の方が綺麗だからといって変えてしまうと、魚が生きていけなくなる恐れがあるので、基本的にペットとして買っている魚の水は水道水以外を使わないようにしないといけないのです。

魚の水槽の水を水道水からウォーターサーバーに変えようと思っている人はそうはいないと思いますけど、もしそれを考えてウォーターサーバーを契約しようと思っているのであれば、是非考え直してください。

関連記事