このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの水の種類

436af9edf846872d9f16f8eae3f0b8d9_s

ウォーターサーバーは普段使っている水道水とは違う、質の高い水を自宅で気軽に飲めるサービスです。
そこで提供される水というのは全部が同じというわけではなく、会社によっても違います。
また、そもそも水の種類が違うということもいえて、いくつかの種類がありますから、それぞれの特徴を事前に理解しておけると良いでしょう。

まず皆さんに聞き馴染みのあるものとしては「天然水」が挙げられるでしょう。
こちらはある地下水のうち、地層に溜まっていたミネラル分が地下水に溶け込んでいったものを呼んでいます。
加熱処理はしていますが、化学処理はしておらず、まさに天然の水と呼ぶことができるということになります。
不純物などを取り除き、ろ過をしているので、安心して飲めます。
ミネラルウォーターにも、この天然水と呼ばれるタイプの水は多いですよね。

続いては「RO水」と呼ばれる水がありますが、こちらは本物の水といって良いものだと思います。
というのも、ミネラルも含めて不純物が一切入っていない水のため、本当に純粋な水、本物の水と言えるのです。
通常は不可能なレベルでのろ過処理を施しているため、天然水よりも不純物の混じり具合は極度に少ないです。
本当に余計なものが何も入っていない、純粋な水を楽しみたいという方向けの水になるでしょう。

さらに、RO水にミネラル分だけ加えたタイプも存在しており、純粋な水にミネラルだけ欲しいという方に適した水になります。
RO水のメリットは余計なものが一切入っていないことですが、それによりミネラルなどのプラスの成分も排除してしまいました。
そのため、ミネラルだけはどうしても入れておいてほしいという方のために実現したタイプの水です。

また、この3つの水の種類に加えて、硬水と軟水という2つの水の分類方法があります
硬水と軟水の別というのは、あまり馴染みがないかもしれませんが、是非知っておいてほしいですね。
私たちが日本国内で飲んでいる水は、大半が軟水になると思いますから、飲みなれているものを飲みたい場合には軟水が良いかもしれません。

ただ、硬水と軟水の特徴を述べさせてもらうと、硬水というのは一般的に言うとマグネシウムの量が豊富なものになります。
したがって、美容でいうところのデトックス効果が特に期待できるとされており、女性に人気です。
良い面もあれば、そうじゃない面もあって、実はあまり多く飲んでしまうとおなかを壊す原因にもなりやすいとされています。

そして、軟水というのは、先ほども言ったように、私たちが普段から口にしている水ということが言えると思います。
硬水は人によっては最初は違和感を感じることがあるかもしれませんが、軟水は素直に飲むことができるでしょう。
ミネラルが硬水と比べると少ないですが、誰にとっても安心して飲めるというのが最大の特徴になると思います。
赤ちゃんや小さいお子さんなども軟水であれば、問題なく飲んでもらうことができますから。