このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバー利用で発生する維持費の種類は?

c4d9db7d2c159f74f30745bb3ebd44f6_s

ウォーターサーバーを利用する際には、実はいろいろな費用を考慮しないといけません単純に契約にかかる費用以外でも、サービスを利用し続けている限りは、ほとんど毎月かかるというのが維持費です
維持費というと、車などがイメージされるかと思いますけど、実はウォーターサーバーでもかかります。
どういった維持費が毎月かかってくるのか?について、以下で説明していきたいと思います。

まず、当たり前ですが水の代金がかかり、これは注文時に注文した分だけかかりますから、どれくらいかかるか?は家庭にもよりますし、水の代金にもよりますが、これは定期的に確実にかかる費用です。

そして、サーバーのレンタル料がありますが、これは全部の業者でかかるわけではなく、特定の業者は無料としているところもありますから、必ずお金がかかるわけではありません。
有料のところでも1000円くらいですから、そこまで高いわけではありませんが、無料があるのであれば、そちらの方が良いですよね

そして、サーバーを動かすときにかかる電気代も毎月かかります。
こちらも業者によって差はありますが、だいたい月々500円前後のところが多いです。
高くても1000円くらいでしょうか?業者のサーバーに関する技術水準によって、結構差が出てくる部分でもありますね。

そして、以外に見落としがちなのが、水を運ぶときにかかる送料です。
宅配便を利用するときにも送料がかかることが多いと思いますが、それと同様にウォーターサーバーで使う水を配達する際にも、水の代金とは別に送料がかかることを見逃してはいけませんから注意しておきましょう。
こちらは水の本数等にかかわらず一律である場合も多いですが、地域によっては金額に差が出る可能性もあります。
北海道、沖縄や離島などは高くつく可能性もありますが、全国どこでも無料という業者も探してみるとあるので、ここもサービスに差が出る部分ですね

あと、これは維持費とはちょっと違うかもしれませんが、万が一途中でやめたくなった場合にかかる費用があります。
ウォーターサーバーの会社は、最低限利用を継続してもらわないといけない期間を定めている場合が多く、その期間内に解約する場合には、違約金という形でお金を支払わないといけないのです。
その期間は、だいたい1年が多いでしょうか?たまに2年というところもありますが、最低1年と考えているのです。
そして、違約金の方は、5000円から1万円くらいが多く、途中で解約する場合には、この金額を支払わないといけません
したがって、解約をしないために、先にちゃんと調べてから契約をした方が良いのですが、万が一解約することもないとはいえませんから、違約金が大きかったり、最低契約期間が長い場合には注意が必要でしょう
1年や2年というのは、結構長いですから、途中で不満が生まれて、やめたくなってもそれだけ待つのは厳しいです。
そうなると、違約金を払って別の会社にするか?ウォーターサーバーの利用をやめるか?考えないといけません。
お金の問題もそうですが、悩みの種を増やさないために、事前にあらゆる状況を想定して、ちゃんと調べて契約をすることでしょう。