このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバー選びでチェックしておきたい最低契約期間と違約金の問題

5a603995a480e245f1d595aa5ebf4d5c_s

ウォーターサーバーを利用する際には、契約期間というものあります。
これは事前に一定期間を決めて利用を始めるというよりは、そういったものはあまり存在せずに、期間を重ねていって、契約期間をどんどん延長していくという考え方の方が近いと思います。
そして、契約期間が一定程度に満たない場合、その時点でやっぱり利用をやめたいという場合には、解約にかかる違約金をとられる場合があるので、ウォーターサーバーを利用する際には、その点を確認しておいてください。
各業者とも最低限の契約期間を設定しており、最低で半年、長いと2年程度となっています。

利用を始めて、やっぱりやめたくなることは普通に考えられるので、その最低契約期間があまりにも長いと、違約金を支払って利用を中止しないといけないので、金銭的な損失はより大きくなりやすいのです。
その期間が業者によって差があるため、ここは選定において非常に重要なポイントになります。

止めることは考えられないような状況、例えば無料お試し等をすでに体験しており、問題なく利用できた実績があれば、契約を途中で止めることは非常に考えづらいために、最低契約期間が長くても問題ありませんが、そういう状況がない場合、未知数な業者を利用する場合には、解約する前提というのは言いすぎですが、解約しても良いように、解約したときのことを考えて業者を選んでいきましょう。

実際、未知数の業者を利用するときには、2年というのはあまりにも長いです。
あえてその業者じゃないと絶対にいけないような、ここ以外には考えられないといったケースでもない限りは、2年という最長と考えられている最低契約期間を用意している業者は避けたほうが良いと思います。

逆に短いところは半年程度という業者もありますが、中にはそもそもそういった制約がない業者も存在します
例えば、「クリクラ」がそれに該当し、ここは解約金という制度がないので、いつでも止めたいときに止めて結構です。
好きなときに利用を中止しても、お金は一切とられないので、本当に安心です。
こういう業者があれば確かに安心ですが、滅多にないので、あえてクリクラを選ぶ理由が別にないのであれば、最低契約期間を設定している業者の中から選んでも構わないと思いますけど、問題はあまり長すぎる場合です。
というのも、解約する理由は単に不満があるからといったものだけではないのです。
ウォーターサーバー自体が必要がなくなるという可能性もありますし、当初予見できなかった様々な理由による途中解約をするケースがあります。
だから、仮に製品やサービス自体に満足いっていても、解約をする可能性は常に存在するので、いくらその可能性が契約時点ではないとしても、あまり長い期間、特に2年以上の業者と契約する場合には注意が必要です
違約金を払ったって別に問題ないという場合には構いませんが、結構大きな金額である場合も多いので、事前にいろいろな部分まで考えを巡らせて、リスクに対して備えていくことも重要でしょう。

関連記事