このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの1ヶ月あたりの水の使用量の目安は?

17

ウォーターサーバーを契約しようか?と考えているときには、自分の家で一体どれくらいの水を使うのか?
そこをまず導き出して、業者選びをしていくのが賢明かと思われます。
業者によってボトルに入っている水の量や注文しないといけないノルマの数が違うため、
もし多く頼みすぎてしまったらと思うと、もったいないですから、自分たちで十分消費できる水の量の目安が知りたいですよね。

水の量の目安は、なかなか難しいですが、だいたいの量は示すことが出来ます。
一般的に水を使うシーンを、飲み水と料理等とするならば、1人で20から30L程度を1ヶ月で消費することになります。
そして、人数が増えていくと、1人につきプラス20リットルくらいを考えていくとちょうど良いでしょう。

どうして、1人で20から30Lなのに、1人増えていくごとに追加していくのが20Lなのか?というと、
1人で料理をする場合にかかる水の量は、家族が増えていってもそこまで多くは増えづらいからです。
料理をする方は1人の場合でもしますが、3人、4人いても極端に料理に使う水の使用量は増えません。
だから、追加で足していく分は20L程度が目安と考えていくと良いのではないでしょうか?

ただ、家族の人数の中に小さいお子さんや赤ちゃんが含まれている場合には、単純に20L追加は多すぎるかと思います。
また、家庭によっては通常の水の使用に加えて、特別な需要というか、多くはあまりやらない使い方をする場合もあります。
料理と飲み水以外で、普段から多く水を使っていて、その水に今後ウォーターサーバーを使用したいと思っているならば、
その分の量は別途加算して考えないといけませんから、ちょっと難しくなります。

多くの業者は、ボトル1本で12Lか8Lを含んでいることが多く、ノルマは最低2本か3本です。
例えば、通常の水の使用量の家庭で、家族の人数が3人だとすると、60から70Lを目安にすると良いですね。
そうなると、ボトル1本が12Lの業者で6本くらいを頼んでおくとちょうど良いかもしれません。
ぴったりくらいの量よりも、ちょっと多めに注文しておいた方が良いでしょうから。
全部消費しきれない場合でも、保管しておけば大丈夫ですし、次回から調節することもできますからね。

この3人家族の場合、8リットルでも8から9本程度注文すれば同じ量は確保できますが、家の中にボトルがより多く散乱している状態になりかねません。
業者によっては、使用したボトルを自分たちで捨てられなくて、回収するまで置いておかないといけない場合もあり、
ボトルを置いておくスペースが必要なので、費用が安くなりやすいボトルを再利用する業者の方が良いという場合には、
12Lといった、1つのボトルが大きめのサイズの業者を利用した方が良いかもしれないということです。

事前にある程度自分の家で使う水の量を把握しておいた方が、業者を選ぶ際に失敗しづらいポイントにもなるかもしれません。
ただ、これは目安ですから、ケースバイケースで多少変わってくることは考慮しておいてください。

関連記事