このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

ウォーターサーバーの業者「ワンウェイウォーター」の特徴

41f8ab149a313b6462eeb11fd87fdbaa_s

ウォーターサーバーのサーバーを家の中に置くと、結構場所をとってしまうことがあります。
ある程度広い家ならば、特に問題はないかもしれませんが、一人暮らしをしている方などは、そんなに部屋の数も多くない、または狭い部屋に住んでいるケースも多くあると思いますし、サーバーをずっと利用していくうえでは、家の中でちょっと邪魔だなと感じてしまうと、ストレスも感じるかもしれません。
そのため、サーバーのサイズというのも1つポイントになってきます。
「ワンウェイウォーター」では、このサーバーのサイズがとてもコンパクトであることで有名です。
サーバーのサイズをよりコンパクトにしようという試みは多くの業者で行われていますが、ワンウィウォーターの場合は、縦も横もコンパクトなため、場所をあまりとらないのが特徴です。
サイズは縦が110cm、横が30cmと小型の冷蔵庫のような感覚で部屋の中に置けると思います
大き目のサーバーと比べると、そのサイズの小ささがよくお分かりいただけると思うのですが、狭い部屋にお住まいの方でも、このサイズであれば問題は生じにくいと思いますね。

また、サーバー自体にも工夫がしてあって、水の交換は足元から行えるというのも良心的な設計です
通常、水を設置する場所はサーバーの上の方に取り付けられていることが多く、それによって水を持ち上げる腕力が必要でした。
女性の一人暮らしの場合では、頼れる人もいませんし、自分でできなければどうしようもありません。
ただ、設置する場所が足元の場合だと、力は関係ありませんので、腕力は必要ありません。
一人暮らしの女性や高齢者のみが住んでいる世帯の場合でも、問題なく交換が出来ますから、その点は1つポイントになると思います。
そういった細かい部分について配慮が行き届いているというのは、信頼のおける業者であるという根拠の1つになるのではないでしょうか?

サーバーにかかるレンタル料や水の配送にかかる送料は無料となっていますが、名前の通り、ワンウェイ式のボトルを使用しているので、水500mlあたりの値段(商品によって異なる)は多少高く感じるかもしれません。

また、1ヶ月でかかる電気代も非常に安くなる場合があります
これは全てのケースではありませんが、省エネ設計がされたサーバーをご利用いただくと、通常1000円程度の電気代が、約400円まで抑えることができますから、この差は大きいでしょう。
半分以下ですから、ウォーターサーバーを長期利用していくつもりの家庭では、電気代の負担は相当軽いといえると思いますね。

水は山梨県、京都府、大分県という3エリアから採水したものを使用しています。
水は4種類から選べますから、お好みに合わせて好きなものを利用していったり、季節によって変えてみたりと、選択肢が多い分、利用の仕方も幅が広がりますから、ワンウェイウォーターについても興味を持ってもらえればと思います。

関連記事