このサイトではウォーターサーバーの基本的な情報から具体的な製品の紹介を行っています。

赤ちゃんがいる家庭のウォーターサーバー選び

82250cba41cc261415c5d44eb085f970_s

ウォーターサーバーを導入される家庭の中には子育て中の小さい赤ちゃんなどがいる場合も多いです。
ウォーターサーバーをそういう家庭が利用している理由の1つには、水道水を赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか?という疑問があるからというのも、1つの利用目的になりそうですね。
確かに水道水って、あまり良いイメージがないと思うので、新鮮な綺麗な水を飲ませたいと思うのでしょう。

では、赤ちゃんがいる家庭のウォーターサーバー選びでは、どういうものを利用していけば良いのでしょうか?
1つ大切なのは水で、赤ちゃんが口にする水を慎重に選ばないといけません。
赤ちゃんにとって飲ませても問題ないのは軟水で、硬水を選ばない方が良いとされています。
硬水はマグネシウムの量が多いために、人気は人気なんですが、赤ちゃんにとっては負担が重いです。
大人が硬水を飲んでもおなかを壊したりすることがあるので、当然赤ちゃんにとってもリスクがあります。
そもそも日本人は硬水に馴染みがなく、ほとんど軟水を飲んでいるため、そちらの方が赤ちゃんにとっても違和感はないでしょう。
したがって、ほとんどは軟水を扱っているとは思いますが、ウォーターサーバーの業者選びに際しては、軟水を扱っている業者を選んで、利用して、赤ちゃんに飲ませていくようにしましょう。

あと、これも是非チェックしておいてほしいと思うのですが、お湯がちゃんと出るものを選んで行くべきでしょう。
お湯が使えないウォーターサーバーの方が少数派だとは思いますが、中には水しか出ないものもあります。
赤ちゃんがいると、間違いなくお湯の需要が高まり、ミルクを作るときなど多く必要になることがあるからです。
しかし、お湯が使えることは同時に1つのリスクを孕んでいますから、注意しないといけません。
それは赤ちゃんによって脅威になるということで、間違いなく赤ちゃんがウォーターサーバーを操作してしまうことによって、火傷などの事故が起きる可能性があるので、注意をしないといけません。
そのときに役に立つのがチャイルドロックと呼ばれている機能で、これはある程度分別のつく年齢の人じゃないと操作できないような、複雑な手順を踏まないと解除できないロック機能があり、それによって赤ちゃんがウォーターサーバーをいじっても、こういった火傷などが起きないように工夫された機能のことで、今は多くの製品に内蔵されています。
ただ、全てのウォーターサーバーにつけられた機能ではないので、あらかじめ確認をしておかないといけません。
業者によっては、水が出るときににも同様のロック機能を備えている場合もありますから、水に濡れて服がびちゃびちゃになってしまうということもありません。
ある程度の年齢になれば、いらない機能かもしれませんが、利用を始める時点で小さいお子さんがいる家庭では、こういった機能が備わったウォーターサーバーを選ぶと、万が一のことに心配せずに済みますから。

関連記事